ちょこっとのヒマツブシ/ショートショート略して「ちょこヒマ」

ユーモアショートショートはいかがですか?過去作品のリライトから新作まで色とりどりのショートストーリーをお届けします。

電子書籍ダウンロード権を抱き合わせて新刊を売るという方法

time 2015/12/22

電子書籍ダウンロード権を抱き合わせて新刊を売るという方法

 同じ書籍の紙の本も欲しいけど電子書籍でも持っていたいと思ったことありませんか? 私だけでしょうか。両方あれば凄く便利だと思うのは……。

紙の書籍と電子書籍の抱き合わせ販売ってないの?

 紙の書籍と電子書籍を抱き合わせで購入できるというサービスってないのでしょうか? 本を購入するとクーポンがついていて、それを入力すると電子書籍を無料でダウンロードできる、そんなサービスです。

 もちろんクーポンが使えるのは一度きり。古本を買っても電子書籍は手に入りません。それまでの持ち主が使ってなければダウンロードできるでしょうが、ダウンロードは書籍一冊に対して一回だけ。技術的には難しいことはないでしょうし、出版社にとっても損はないような気がします。

 まあ、私が思いつく程度のことなので、すでにあるか、ないとしても何らかの理由で採用しないだけのことだとは思いますが。

抱き合わせで欲しい理由  

 私は紙の本にも愛着がありすし、じっくり読むには紙の方がいいとも思っています。でも電子書籍はやはり便利です。いつでも好きなときに読めますし、マーキングやコメントを付ければ、参照したいときに一発でその部分が出てきます。

 電子書籍で持ち歩きたいと思っても、そもそも電子出版されてなければどうしようもありません(自炊という手はありますが)。また、電子出版されていたとしても、紙の本を持っているのに更に電子書籍版も購入することはさすがにできません。

 もし、新刊と抱き合わせで電子書籍も手に入るのであれば、購買意欲も上がります。
 何しろ、まずは紙の本でじっくり読んだ後、電子書籍として持ち歩くことができるのです。最高です。
 新刊で買うと電子書籍がダウンロードできるのであれば、私なら欲しい本は中古本ではなく高くても絶対に新刊で買います。

電子書籍をつける利点

 私のような考えの人がほとんどいないのであれば、わざわざ手間をかけてまで電子書籍を抱き合わせる必要はないでしょう。でも、同じ考えの人が多いのなら書籍の売り上げ増加につながるはずです。電子出版されていない本でも新刊を買うと電子版が手に入るのなら、欲しい本はブック○フではなく書店で購入する、そういう選択をする人が多くなるはずです。

 今や電子書籍は特殊な人だけのものではありません。誰もがスマホを持ち歩く時代です。スマホに電子書籍が入っていれば、ちょっと空いた時間に開いてみることもできます。

 電子版は新刊を買った人だけの特典とし、出版社や著者が新刊に電子書籍が付属することと電子書籍の便利さをアピールすることで、新刊の売り上げ増を目指すという戦略もありだと思います。

 電子書籍にしてしまうと違法コピーが出回るという心配があるのかもしれません。そんなことをする人たちは、どうせ自炊で作った電子書籍を違法に配布したり入手したりします。そんなごく一部の犯罪者のことを気にしていても仕方ありません。

 何とかならないかなぁ……。やっぱり好きな本は、紙の本とともに電子版も持っていたい、単なる一読者のつぶやきです。

down

コメントする




プロフィール

真坂まえぞう

真坂まえぞう

さすらいのショートショート書きです。 [詳細]

ちょこっとのヒマツブシ

お奨めショートショート

恐竜絶滅
恐竜絶滅の原因を知るためにタイムマシンを作った地球歴史学者が……
アダムとイブ
神が、人類を一度滅ぼし、新しいアダムとイブを選んで一からやり直すことに決め……
名前
人の名前を覚えることが苦手な女性が……

お詫び

病気のため長らく放置しておりました。ドメイン一旦失効してしまい、皆様には本当にご迷惑をおかけしました。心からお詫び申し上げます。 何とか一年半ぶりに再開することができました。今後ともよろしくお願いいたします。

最近のコメント