ちょこっとのヒマツブシ/ショートショート略して「ちょこヒマ」

ユーモアショートショートはいかがですか?過去作品のリライトから新作まで色とりどりのショートストーリーをお届けします。

ショートショートストーリー『アダムとイブ』

time 2015/12/13

ショートショートストーリー『アダムとイブ』

アダムとイブ

 俺は天界に住む天使。今から地上に行かなければならない。俺は人間が大嫌いで、出来れば人間などと関わりたくなどない。しかし、神様からの大事な命令だ。気が向かないが従わなければならない。

 神様は、神の意志に背いてばかりいる人間たちを一度滅ぼすことに決めた。そして、男女ひとりずつを無作為に選び、その二人を新しいアダムとイブにして、人間の歴史を一からやり直すことにしたのだ。俺は、その新しいアダムとイブにそのことを伝えに行くという役を授かった。

「キャー、あんたってもしかして天使? ヤダー、可愛い~」

 これだから人間は嫌いだ。本当に馬鹿丸出しではないか。しかし俺は仕方なく神様からの伝言を伝えた。

「え~、あたしが選ばれたの? 超ラッキー! で、何? そのアダムとイブって」

 思わず頭を抱えた。あまりにも酷すぎる。いくら無作為に選んだといっても、こんな馬鹿は止めておいた方がいい。でも、神様が決めたことだ。俺などが口出しすることなどできない。

「とりあえず、神様からの話は伝えたからな!」

「え~! もう帰っちゃうの? 天使ちゃん、また来てね~」

 俺は、伝言だけを伝えて、すぐにその場を離れた。ゆっくりしている暇はない。まだ、仕事が残っているのだ。

「本当に面倒くさいな」

 そう思いながら、俺はもう1人の人間、新しいイブになる女のところへ向かった。

 

あとがき
 この作品は2006年10月一番精力的に創作していた時期に書いたもので、想い出深い作品です。あるコンテストに応募したのですが、審査員の評価が真っ二つに分かれたそうです。最終的には入選しましたが、絶対に認めないという人もいたようで。まあ性錯誤オチというありふれたオチなので、人によってはその瞬間に興ざめしてしまうのは仕方ないですよね。
電子書籍「ちょこっとのヒマツブシ【ゴルゴ】」収録作品です。

down

コメントする




プロフィール

真坂まえぞう

真坂まえぞう

さすらいのショートショート書きです。 [詳細]

ちょこっとのヒマツブシ

お奨めショートショート

恐竜絶滅
恐竜絶滅の原因を知るためにタイムマシンを作った地球歴史学者が……
アダムとイブ
神が、人類を一度滅ぼし、新しいアダムとイブを選んで一からやり直すことに決め……
名前
人の名前を覚えることが苦手な女性が……

お詫び

病気のため長らく放置しておりました。ドメイン一旦失効してしまい、皆様には本当にご迷惑をおかけしました。心からお詫び申し上げます。 何とか一年半ぶりに再開することができました。今後ともよろしくお願いいたします。

最近のコメント