ちょこっとのヒマツブシ/ショートショート略して「ちょこヒマ」

ユーモアショートショートはいかがですか?過去作品のリライトから新作まで色とりどりのショートストーリーをお届けします。

ショートショートストーリー「明日の天気は晴れ」

time 2016/01/03

ショートショートストーリー「明日の天気は晴れ」

 

明日の天気は晴れ

 

【明日の天気は”晴れ”】

 

 モニターには、この文字だけが大きく映し出されていた。

「何だ? このサイト?」

 モトヤスは入力したURLを確認した。
 そこには、ランダムな文字列。近くにあった雑誌を引き寄せ、そこに書いてあるURLと見比べた。

(ひどい打ち間違いだ)

 雑誌で観たウェブサイトを閲覧しようとして、URLを打ち間違えたようだ。

「それにしても、このページは何の意味があるんだろう? 天気予報だとしても、どこの天気なのかもわからない」

 そのまま他のサイトに移ろうとしたが、何となく気になりお気に入りに追加した。
 次の日は、晴れだった。

 それから、たまにそのページを覗いてみたが、表示されるのはいつも、

【明日の天気は”晴れ”】

だった。

 多分、更新すらしていないのだろう。しかし、モトヤスがそのサイトを見た次の日は、何故か晴れることが続いた。まあ偶然が重なっただけだろう。

 ある夜、モトヤスはテレビの天気予報を観てため息をついた。

「明日は、雨か……」

 次の日は、会社の創立記念日で休日だった。毎年創立記念日には会社の仲間とゴルフをする。週末料金の高いゴルフ場が平日料金で利用できるからだ。モトヤスも楽しみにしていたが、大雨で降水確率100%では仕方がない。

「まあ、気休めに。おまじない、おまじない」

と言って、パソコンを立ち上げ、例のページを確認した。

【明日の天気は”晴れ”】

 次の日、起きてみると外は快晴だった。

 それからモトヤスは例のページをよく確認するようになった。そして、ページを見た次の日が晴れることが続いた。

「このページを見たら、見た人の住んでいる場所は、次の日晴れるんだ」

 モトヤスは、確信するようになっていった。ここまで続くと偶然でかたずけることはできない。
 そして、そのことを証明するチャンスを待っていた。
 ある日、そのチャンスがやってきた。モトヤスが住む場所に向けて大型の台風が向かってきたのだ。次の日は台風直撃で朝から大荒れとの予報だった。モトヤスは、例のページを開けた。

 

【明日の天気は”晴れ”】

 

 その文字を確認して、ベッドに入った。

 次の日の朝、モトヤスが目覚めると窓から光が差し込んでいた。急いで飛び起きカーテンを開けると、まばゆいばかりの日の光。
 台風がUターンし、南に方向転換したとのことであった。観測史上始めてのことで、原因を誰も説明することができなかった。
 モトヤスは、このページの持つ力を確信した。

(もし、このページの存在が知れ渡ったら……。みんながこのページを見るようになったら、雨が降らなくなる!)

 今のところ、このことを知っている人間はモトヤスの他にはいないに違いない。絶対に秘密にしなければ……。

 しかし、個人の秘密にするには事が重大すぎた。誰かに話したいという衝動が、日に日に強くなっていった。
 モトヤスは堪えきれなくなった。

 モトヤスは、ひっそりとホームページを開設した。そして、この出来事についての記事を書き、最後に例のページへのリンクを張ることにした。

(もし、誰かがこのホームページを見つけたら? リンクを押したら? このページの力が知れ渡ったら? その時は……)

 誰かに見つけて欲しい。誰にも見つからないで欲しい。複雑な気持ち。後は偶然に任せて、このことは忘れてしまおう。
 モトヤスは、深呼吸をして、そして記事をアップした。

  

 【明日の天気は”晴れ”】

 

あとがき
 懐かしい……。ひとりで感慨に浸ってました。この話はちょうど10年前に発表した作品です。最初のショートショートブログは10作品ストックした状態で開設したのですが、その中のひとつという年代物。初期はこんな話を書いてたんだなぁ……

down

コメントする




プロフィール

真坂まえぞう

真坂まえぞう

さすらいのショートショート書きです。 [詳細]

ちょこっとのヒマツブシ

お奨めショートショート

恐竜絶滅
恐竜絶滅の原因を知るためにタイムマシンを作った地球歴史学者が……
アダムとイブ
神が、人類を一度滅ぼし、新しいアダムとイブを選んで一からやり直すことに決め……
名前
人の名前を覚えることが苦手な女性が……

お詫び

病気のため長らく放置しておりました。ドメイン一旦失効してしまい、皆様には本当にご迷惑をおかけしました。心からお詫び申し上げます。 何とか一年半ぶりに再開することができました。今後ともよろしくお願いいたします。

最近のコメント