ちょこっとのヒマツブシ/ショートショート略して「ちょこヒマ」

ユーモアショートショートはいかがですか?過去作品のリライトから新作まで色とりどりのショートストーリーをお届けします。

ショートショートストーリー「双子の兄弟」

time 2015/12/20

ショートショートストーリー「双子の兄弟」

双子の兄弟

 夜中の11時だというのに隣の家が騒がしい。

「うっせえな」

 そう叫んで煙草に火をつける。また、隣の馬鹿兄弟が喧嘩しているのだろう。毎日毎日よく飽きないものだ。
 息子が息子なら親も親だ。双子の兄弟が生まれたからって、名前をタツヤとカズヤにすることはないだろう。漫画じゃあるまいし。漫画の登場人物のような人間に育つとでも思ったのか。どうせ、てめえらの息子だ。馬鹿で運動音痴になるのは分かっていただろうに。

「面白くもねえ」

 独り言を言って煙草をもみ消す。あぐらを組み直して、もう一度新しい煙草に火をつける。

 兄貴のタツヤは、いじめられっ子だ。その鬱憤を家ではらしているようだ。弟のカズヤはぐれている。それもこれも親が変な名前をつけたからだ。漫画で死んじまうキャラと同じ名前を付けられたのだ。親が自分のことを死んでもいいと思って名前をつけたと信じ込んでいる。そりゃあぐれるよな。

 くわえ煙草でそんなことを考えていると、階段を上ってくる足音が聞こえてきた。お袋だろう。ノックの音がして、ドアが開く。

「また、煙草なんか吸って!」

 お袋が部屋に入るなり、言ってきた。

「うっせえな! 説教なんか聞きたくもねえ」

 お袋の方を見ずにそう言った。わざと美味そうにゆっくり煙草をふかす。これでおとなしく引き下がると思っていたが、お袋はまだ説教をしてきた。

「そんな言葉使いは止めて! お願い、ミナミちゃん!」

 本当、うっせえな!

 

あとがき
  言うまでもないですが、あのマンガが下敷きになってます。ネタに困ると有名作品から探してくるのは常道ですが、昔話しは使われ過ぎているので、ついにマンガにも手を出してしましました。もしタッ○を知らない方がいたら申し訳ありません。全く意味不明ですよね。
 南ちゃんファンに石を投げられそうですが、私にとっても南ちゃんは理想の女性。心が痛みながらラストを書いた気持ちをわかって下さい。

down

コメントする




プロフィール

真坂まえぞう

真坂まえぞう

さすらいのショートショート書きです。 [詳細]

ちょこっとのヒマツブシ

お奨めショートショート

恐竜絶滅
恐竜絶滅の原因を知るためにタイムマシンを作った地球歴史学者が……
アダムとイブ
神が、人類を一度滅ぼし、新しいアダムとイブを選んで一からやり直すことに決め……
名前
人の名前を覚えることが苦手な女性が……

お詫び

病気のため長らく放置しておりました。ドメイン一旦失効してしまい、皆様には本当にご迷惑をおかけしました。心からお詫び申し上げます。 何とか一年半ぶりに再開することができました。今後ともよろしくお願いいたします。

最近のコメント