ちょこっとのヒマツブシ/ショートショート略して「ちょこヒマ」

ユーモアショートショートはいかがですか?過去作品のリライトから新作まで色とりどりのショートストーリーをお届けします。

ショートショートショートストーリー「サユリ1号」

time 2016/01/05

ショートショートショートストーリー「サユリ1号」

サユリ1号

「遂に完成した。後はこのスイッチを入れるだけだ」

 妻に先立たれてから、ずっと気が抜けたような生活を送っていた。人生に何の張り合いもなく、ただ無為に時間を過ごすだけ。そんな生活もこれで終わりだ。あの頃に戻ることができる。妻と過ごした日々に。

 このままでは自分は駄目になる。そう考えて決心した。亡き妻そっくりのアンドロイドを創ろうと。そして今、それが完成した。

 妻の名にちなんで”サユリ1号”と名付けたアンドロイドの姿を眺める。完璧だ。外見は妻とそっくりだ。後はこのスイッチを入れれば動き始める。人工頭脳には、妻の性格や行動パターンを完全にコピーしている。妻と同じように振る舞う筈だ。これで、あの充実した日々が戻ってくる。

 私は震える手でそっとスイッチを押した。

◇◇◇

 サユリ1号は、横になってテレビを眺めていた。片手でお尻を掻きながら、煎餅を食べている。そして、テレビから目を離さずに、背後にいる私に大声で言った。

「あんた! 洗濯は終わったの? 次はトイレの掃除! 夕飯の準備も忘れないで!」

 そう、これだ! やはりこうでなくては。
 私はやっと充実した日々を取り戻した。

down

コメントする




プロフィール

真坂まえぞう

真坂まえぞう

さすらいのショートショート書きです。 [詳細]

ちょこっとのヒマツブシ

お奨めショートショート

恐竜絶滅
恐竜絶滅の原因を知るためにタイムマシンを作った地球歴史学者が……
アダムとイブ
神が、人類を一度滅ぼし、新しいアダムとイブを選んで一からやり直すことに決め……
名前
人の名前を覚えることが苦手な女性が……

お詫び

病気のため長らく放置しておりました。ドメイン一旦失効してしまい、皆様には本当にご迷惑をおかけしました。心からお詫び申し上げます。 何とか一年半ぶりに再開することができました。今後ともよろしくお願いいたします。

最近のコメント